アウラングゼーブ

「アウラングゼーブ」についてのメモ。アウラングゼーブとは…
HOME > アウラングゼーブ

アウラングゼーブ †

  • 1618〜1707
  • インドのムガル帝国第六代皇帝(在位 1658-1707)。

帝国最大の版図を築いたが、厳格なスンニー派で、ジズヤ(人頭税)を復活、ヒンズー諸侯の反抗を招き、帝国を崩壊に導いた。

帝国の領土を最大にしたが、厳格なスンニー派イスラム教徒として他教徒を弾圧したため反乱を招き、財政を破綻(はたん)させ、帝国を衰退させた。

  1. デカン地方の征服
  2. ジズヤ復活
  3. 厳格なイスラム政策





2007-03-10 (土) 21:29:54 (3702d)