アジア通貨基金

「アジア通貨基金」についてのメモ。アジア通貨基金とは…
HOME > アジア通貨基金

AMF:Asian Monetary Fund

アジア通貨基金 †

アジアの通貨安定と経済危機支援のため構想されているアジア各国が拠出する基金。
 

 アジア通貨危機が起こった1997年の秋,香港で開催されたIMF/世銀総会において,日本政府は「アジア通貨基金」の設置を非公式に提案した。これは,アジア地域で再び通貨危機が発生した場合に備えて,速やかに緊急支援を行える枠組みをアジア域内に設けようという趣旨であったと言われている。

 ただ,具体的な提案が行われる前に米国を中心とする強い反発を招いたため,日の目を見ることなく頓挫した。

 反対の理由としては,IMFと機能の重複を生じること,IMFよりも緩やかな条件で融資が行われるとモラルハザードを引き起こす懸念があることなどが挙げられた。その後,
通貨危機がロシア,ブラジルにまで波及して,IMFだけでは危機に遭遇したすべての国を支援しきれない状態が現実的に起こりうることが認識されるに至って,地域的な支援の枠組みの重要性が世界的に改めて認識されるようになり,アジア通
貨基金構想の復活を期待する声がアジア域内で聞かれるようになった。

 2000年5月,ASEAN各国と日本,韓軋 中国3カ国の間でチェンマイ・イニシアティブが合意されたのも,こうした変化を踏まえたものである。
 このチェンマイ・イニシアティブが将来的にアジア通貨基金へ進化していくと期待する意見もある。






2007-03-10 (土) 21:30:00 (5593d)