アリストテレス

「アリストテレス」についてのメモ。アリストテレスとは…
HOME > アリストテレス

Aristoteles

アリストテレス †

  • 前384〜前322
  • 古代ギリシャの哲学者。プラトンの弟子。アレクサンドロス大王の師。アテネ郊外に学園リュケイオンを創設し、ペリパトス学派(逍遥学派)の祖となる。

プラトンイデア論を批判し、形相(エイドス)は現実の個物において内在・実現されるとし、あらゆる存在を説明する古代で最大の学的体系を立てた。中世スコラ哲学をはじめ、後世の学問への影響は大きい。

主な著作に、後世「オルガノン」と総称される論理学関係の諸著書、自然学関係の「動物誌」「自然学」、存在自体を問う「形而上学」、実践学に関する「ニコマコス倫理学」「政治学」、カタルシスを説く「詩学」などがある。






2008-07-24 (木) 12:09:27 (3199d)