アロー戦争

「アロー戦争」についてのメモ。アロー戦争とは…
HOME > アロー戦争

アロー戦争 / 第二次アヘン戦争 †

  • 清と英仏連合軍との戦争(1856-1860)。

広東港に停泊中のイギリス国籍の中国船アロー(Arrow)号が、清官憲の臨検を受けた際、イギリスは国旗が侮辱されたとして中国に謝罪・賠償金と責任者の処罰を要求し、拒否されて開戦。

1856年、広東で清国船アローArrow号の掲げていたイギリス国旗を清国官憲が引き下ろした事件をきっかけに、貿易拡大を望むイギリスがフランスと連合して清国と始めた戦争。

アロー戦争

  • 契機
    • イギリスはアロー号事件を、フランスは宣教師殺害事件を口実(咸豊帝の時代)
  • 経過
    • 英仏連合広州占領→天津条約→清の条約批准拒否→英仏、北京占領
  • 結果
  1. 九竜半島の一部をイギリスに割譲
  2. 天津など11港開港
  3. キリスト教の公認と保護
  4. 外交使節の北京常駐
  5. 償金

ロシアは調停の報酬としてウスリー川以東の沿海州獲得(露清間の北京条約)






2007-03-10 (土) 21:30:15 (4212d)