イギリス

「イギリス」についてのメモ。イギリスとは…
HOME > イギリス

英国

イギリス †

ヨーロッパ大陸の北西、大西洋上のグレートブリテン島、アイルランド島の北東部および約900の付属諸島からなる立憲君主国。
正式名称は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国。
首都ロンドン。

古くはブリタニアと呼ばれ、ケルト人・ローマ人が支配していたが、一一世紀にアングロ‐サクソン人による統一国家がイングランドに成立。のち、ウェールズ・スコットランド・アイルランドを併合。18世紀以降、世界各地に植民地を建設し大英帝国と称した。早くから議会政治が発達。産業革命の発祥国で、現在も工業が盛ん。

ヨーロッパ大陸の北西方、グレートブリテン島とアイルランド島の北東部から成る、立憲君主国。正称はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国。
紀元前七世紀頃よりケルト人が渡来し先住民を圧倒。ローマの支配を経て、五世紀頃から移住したアングロ-サクソン人がイングランドの大部分を制圧。

1066年ウィリアム一世がノルマン朝を開く。一三世紀末にはウェールズを支配下におく。1603年スチュアート朝時代に、スコットランドとの同君連合を形成。1801年アイルランド島を併合(北アイルランドを除く同島の大部分は1937年エール共和国として独立)。

18世紀に世界各地に植民地を築き、一九世紀には大英帝国として黄金時代を迎えた。早くから議会政治が発達している。産業革命以来の工業国。

  • 現代イギリス政治

「ゆりかごから墓場まで」

新保守主義、民営化

マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)

トニー・ブレア(Tony Blair)
ニュー・レイバー(New Labor)

  • アンソニー・ギデンズ(Anthony Giddens)

「ウェルフェア(welfare;福祉)からワークフェア(workfare)へ」
福祉政策

ユーロ導入
賛成意見
反対意見

アメリカとの特別な関係

イギリス選挙法の改正と選挙権の拡大 †

  • 選挙権の拡大対数,(有権者の割合)
  • 第1回(1832年)(4.5%)
    • 腐敗選挙区の廃止、都市中産市民・中産農民
  • 第2回(1867年)9%
    • ダービー内閣時に成立、都市小市民・労働者
  • 第3回(1884年)19%
    • 第3次グラッドストン内閣時に成立、農村労働者
  • 第4回(1918年)46%
    • ロイド=ジョージ内閣時に成立、満21歳以上の男子、満30歳以上の女子
  • 第5回(1928年)62%
    • ボールドウィン内閣。満21歳以上、男女平等普通選挙
  • 第6回(1969年)71%
    • ウィルソン内閣。満18歳以上。





2008-07-17 (木) 17:57:42 (3384d)