イラン革命

「イラン革命」についてのメモ。イラン革命とは…
HOME > イラン革命

イスラム革命

イラン革命 †

1978年にホメイニらを指導者として勃発し、翌年、独裁政権パーレビー王朝(パフラビー)を倒した革命。その後、ホメイニを最高指導者としたイラン-イスラム共和国が成立。イスラム教に基づく共和国を樹立。

1978〜79年イランのパフラビー王制を倒してイスラム共和制を樹立した革命。M. R.パフラビー国王(在位1941〜79)は,いわゆる「白い革命」によって上からの急激な近代化政策を強行したが,地主層や宗教指導層が反撥。73年の石油危機を契機に打出した経済成長政策も失敗して,かえってインフレなど混乱が増大した。78年1月以降反国王デモやテロ事件が全国的に続発。これに対して国王は同年11月軍人内閣を発足させ弾圧を強化したが,反政府運動は熾烈となり,パリ亡命中のホメイニ師の指導のもとに王制打倒を叫ぶにいたった。79年1月国王は国外に脱出,王制最後のS.バクチアル内閣も瓦解した。国民投票の結果,4月1日イスラム共和制が初代最高指導者ホメイニ師のもとに宣言された。初代大統領はA.バニサドル。






2007-03-10 (土) 21:30:27 (3697d)