インサイダー・アウトサイダー理論

「インサイダー・アウトサイダー理論」についてのメモ。インサイダー・アウトサイダー理論とは…
HOME > インサイダー・アウトサイダー理論

用語-ア行

 「インサイダー」とは、熟練を積み企業の格となる現職の労働者であり、「アウトサイダー」とは、企業に固有の熟練技能を持たない臨時工や企業外部の労働者である。

現在雇用されている労働者(インサイダー)は新規の低賃金労働者(アウトサイダー)によって代わられることを恐れ、彼らに協力したり訓練することをしなくなる。そのために、企業は新規労働者を現行の労働者よりも低い賃金で雇用しようとはしないという理論。

リンドベック(A.Lindbeck)やスノウアー(D.J.Snower)らが1980年代に構築した労働市場理論。

インサイダー・アウトサイダー仮説。インサイダー=アウトサイダー・モデル






2007-03-10 (土) 21:30:28 (4601d)