インサイダー取引

「インサイダー取引」についてのメモ。インサイダー取引とは…
HOME > インサイダー取引

インサイダー取引 †

企業の役員・従業員・株主、および証券会社などの会社関係者が、その職務や地位によって得た未公開の情報を利用して行う自社株などの取引。証券取引法によって禁止され、種々の規制が行われ、罰則規定が設けられている。内部者取引。

インサイダー取引
上場会社や子会社の運営や業務、財産に関する重要な事実で、かつ投資判断に影響を及ぼすような未公開情報を知る役員らが株式を売買すること。証券市場の公正性・健全性が損なわれる恐れがあるとして証券取引法で規制され、違反した場合3年以下の懲役または300万円以下の罰金。

↓毎日中学生新聞 2006年2月8日

会社の内部情報を知る役員などが、その情報の公表前に、こっそり自社の株などを売買してお金もうけをすること。例えば、会社が優れた新製品を開発すれば、会社の評価が高まって株式の値段も上がる。開発を公表する前に株式を安く買い、値上がりしてから売れば、トクをする。でも、何も知らない一般投資家から見れば不公平だ。だからインサイダー取引は証券取引法で禁じられている。ライブドア前社長の堀江貴文容疑者がこのインサイダー取引をしていた疑いが浮かんだ。元グループ幹部から「東京地検の事情聴取を受けた」と報告を受けた直後、自分が持っている自社株を売っていた。捜査が明るみに出て株の値段が下がってからだと安くしか売れなかったはずで、内部情報を使って損を免れたことになる。






2007-03-10 (土) 21:30:29 (3877d)