ウィーン会議

「ウィーン会議」についてのメモ。ウィーン会議とは…
HOME > ウィーン会議

ウィーン会議 †

  • 1814年9月〜1815年6月にかけて、ウィーンで開かれた国際会議。
    フランス革命とナポレオン戦争後のヨーロッパの国際秩序の回復を図ったもので、この会議の結果、革命前の状態への復帰をめざす正統主義と、大国の勢力均衡とを二大原則としてヨーロッパの再編成を図り、ウィーン体制と呼ばれる国際秩序を形成した。
  • ウィーン会議は諸国の利害が対立して遅滞し、「会議は踊る、されど進まず」と風刺された。

ウィーン会議の原則(正統正義と勢力均衡)

ウィーン会議の二大原則は、フランス革命前の君主をもってその領土の正統な主権保有者とする「正統主義」と大国間の力の均衡維持を図ろうとする「勢力均衡」。
「正統主義」が領土関係の処理の基準の一つとなった結果、ヨーロッパ諸国の政治体制は、革命前の状態が復活し、アンシャン=レジームの再現となった。
ウィーン会議は、「勢力均衡」の名の下に各国がそれぞれ自国の強大化を図る領土獲得合戦の場となった。そのような意味で、「勢力均衡」は大国による小国の分割の正当化の原理として利用され、ポーランドにみられるように、小国は事実上大国によって分割された。こうしてウィーン会議は、弱小国の犠牲によってヨーロッパを再構築した。

中央日報・噴水台「会議は踊る」

  • 1814年5月、フランスの皇帝ナポレオンがエルバ島に流される。 ナポレオン戦争で勝利したオーストリア・英国・ロシア・プロイセンなどは欧州の再編成作業に乗り出す。 フランスが放棄した領土などを分け合うための会議を、同年9月からオーストリア・ウィーンで開く。 90の王国と53の公国が会議に参加する。
  • 場所はシェーンブルン宮。 フランス・ベルサイユ宮殿につぐバロック様式の雄壮な建物で、ハプスブルク家の離宮だ。 1762年6歳の神童モーツァルトが、女帝マリア・テレジアの前で演奏した後、幼い王女マリー・アントワネットに近付き「君を妻にする」と話したという逸話が伝えられる所である。
  • そうした由緒のある所に各国の首脳が集まったが、会議はなかなか開かれなかった。 多国会議なのにも、参加国の首脳全員が集まった場合は、10カ月後にウィーン会議が閉会するまでただ一回もなかった。 それでも、宮殿は賑やかだった。 オーストリアの外相メッテルニヒが連日し盛大な舞踏会を開いたからだ。
  • 外交官たちは、ワルツの饗宴に心を奪われた。 あげくには「1日の4分の3をワルツとダンスで過ごした」とまで言われた。 米国の第3、4代大統領トーマス・ジェファーソンが「最高のワイン」と絶賛したフランス・グラーブ産のシャトーオーブリオンが名声をさらに上げるようになったのも、当時の舞踏会のおかげだ。 10カ月間、延べ人数10万人余の舌がそれを味わったからだ。
  • 当時の光景を見たオーストリアの将軍リーニュ公は「会議は踊る(Der Kongress tanzt)」とした。 1815年2月にナポレオンがエルバ島を脱出し戦勝国を緊張させる前までは、会議に進展がなかったことを皮肉った名言を残したのだ。
  • ウィーン会議の結果(ウィーン議定書の内容)
  • フランス
    • ブルボン朝復帰。革命前の国境線に戻す。
  • ロシア
    • ポーランドに立憲王国を樹立し、ロシア皇帝が王位兼任。スウェーデンからフィンランド、トルコからベッサラビアを獲得
  • プロイセン
    • ラインラント、ザクセン北半などを獲得→近代化促進
  • オーストリア
    • ネーデルランドをオランダに譲る代償として、ヴェネチア、 ロンバルディアを獲得
  • イギリス
    • オランダからケープ植民地、セイロン島、フランスからマルタ島などを獲得→パックス・ブリタニカの基礎確立
  • ドイツ
    • オーストリア、プロシアなど35領邦と4自由市でドイツ連邦を形成。
  • オランダ
    • ネーデルランドを獲得し、ネーデルランド王国を形成。
  • スイス
    • 永世中立国となる





2007-03-10 (土) 21:30:36 (4272d)