エクイティファイナンス

「エクイティファイナンス」についてのメモ。エクイティファイナンスとは…
HOME > エクイティファイナンス

エクイティファイナンス †

新株発行を伴う資金調達

  • エクイティ・ファイナンス(equity finance)〔株式市場用語〕
    エクイティとは、株主持ち分、つまり株主資本(自己資本)のことで、増資による資金調達を言う。これに対する言葉がデット・ファイナンス(debt finance)だ。デットは負債で、銀行借り入れや社債発行が当たる。転換社債やワラント債の発行は、当座はデット・ファイナンスだが、転換や新株引受権行使が進むと増資になるので、発行時点からエクイティ・ファイナンスに含める。日本企業の資金調達は、戦後長くデット・ファイナンス主体だったが、八○年代あたりから株式公開企業中心にエクイティ・ファイナンスに急傾斜した。九○年以降、調達額は停滞しているものの、九六年からの適債基準撤廃などで転換社債やワラント債の発行企業の裾野は広がっている。





2007-03-10 (土) 21:30:41 (3667d)