エホバ

「エホバ」についてのメモ。エホバとは…
HOME > エホバ

Jehovah

エホバ †

〔旧約聖書の神聖で口にすべからざる神名 YHWH の伝統的な読み方。近年ヤハウェと読まれることが多い〕

ヤハウェ

エホバの証人〔現代宗教〕
正式名称は、「ものみの塔聖書冊子協会」(Watch Tower Bible and Tract Society)。旧教、新教のいずれにも属さないキリスト教系の一派。1870年ごろアメリカで成立、日本には1912(大正1)年に入っている。キリストはすでに再臨しているとして終末の到来を説き、独特の聖書解釈を行う。兵役拒否、刺激物の摂取方法など、世俗生活となじまない厳格な倫理規範を強調する。また、輸血の拒否などでしばしば話題になっている。世界で約400万人、日本では、17万人以上の奉仕者が戸別伝道にあたっているという。

エホバの証人

Jehovah's Witnesses / Watch Tower
キリストの再臨と千年王国の出現を信じ、現実の制度を否定して、19世紀後半のアメリカに発生した異端的宗派。ニューヨークのブルックリンに本部がある。教会の伝統と組織と教職制度を否定する思想を激しく表明するため、制度的なキリスト教界では異端と評価されて孤立しているが、一般社会では、キリストの再臨と聖書研究を強調し、輸血や柔剣道など格闘技の拒否、兵役の拒否を主張する一教派とみられている。この派の教義はC・T・ラッセル(1852―1916)が提唱し、J・F・ラザフォード(1869―1942)が体系化した。現世拒否のモチーフ(権力批判)がキリストの再臨信仰と結び付いているため、緊張の固持が信者の日常的言動を包み込み、その熱意は世俗の生活者と制度的宗教家をときに刺激する。日本での最初の指導者は明石{あかし}順三。1926年(昭和1)日本支部の灯台社が創立され、太平洋戦争後は48年に日本支部が、53年にものみの塔聖書冊子協会が組織された。別称の「ものみの塔」は「ハバクク書」(二章の2)に由来する。






2007-03-10 (土) 21:30:46 (5102d)