オフショア・センター

「オフショア・センター」についてのメモ。オフショア・センターとは…
HOME > オフショア・センター

offshore center

オフショア・センター †

 非居住者からの資金調達および非居住者に対する資金運用,いわゆる外-外取引を金融規制,税制等の面で優遇することによって,より自由かつ活発に行わせる市場。

 1960年代に米国の利子平衡税の導入などにより,ユーロ市場が拡大するとともに金融機関の間の競争が激化し,より自由でかつ低コストの地域を求めて子会社・支店を設置する動きが相次いだこと,
 および各国当局側においても国際金融取引における各国市場の地位向上を目指して,積極的に対応したことなどから,各地にオフショア・センターが出現した。

オフショアセンターの3つのタイプ †

  • 内外一体型
    • ロンドンや香港のように,国内取引に対する規制が緩やかであったことから自然発生的に成立したもの(外−外取引と国内取引との差別がないため,内外一体型といわれる)
  • 内外分離型
    • ニューヨークIBFや東京JOMのように外−外取引は原則自由だが国内取引との間に遮断措置(国内取引と分離した特別な勘定を設ける)を講じたもの
  • タックスヘイブン型
    • バハマやグランド・ケイマンのように税制上の優遇措置により.国際金融取引の記帳のみが行われるもの

 なお,金融安定化フォーラムはオフショア・センターを国際金融の波乱要因として取り上げ,オフショア・センターの国際基準順守状況の適切な評価等の必要性を挙げている。






2007-03-10 (土) 21:30:55 (3932d)