オリーブの木

「オリーブの木」についてのメモ。オリーブの木とは…
HOME > オリーブの木

オリーブの木 †

  • イタリアの中道・左派を結集する各政党の連立の枠組みの呼称で、政党や国会の統一会派でもない。結成の中心人物プロディ首相(当時)によれば、「オリーブは平和の象徴であり、イタリアなら何処にも生え実がなる」のが名前の由来である。
  • 1994年の総選挙で右翼連合が勝利したのを憂慮した中道左派が、1995年2月、当時ボローニャ大学の経済学教授であったプロディを首相候補に立てて結成した。中核となったのはPDS左翼民主党(旧共産党)のダレマ書記長。1996年の総選挙では上院で167議席(定数315)下院で319議席(定数630)と両院で絶対過半数を獲得した。1998年2月、中核になったPDSが社民勢力を結集する方針を表明し、PDSも含めて「オリーブの木」そのものを政党化しようとする動きとの間で論争もあった。わが国でも野党のあいだに、政党再編構想の参考にしようとする動きが出たこともある。しかし、イギリス、フランス、ドイツで相次いで左派政権が誕生し、イタリアでもダレーマ政権が発足したことにより「オリーブの木」は本来の市民運動に戻っている。





2007-03-10 (土) 21:30:58 (3911d)