ガガーリン

「ガガーリン」についてのメモ。ガガーリンとは…
HOME > ガガーリン

Yurii Alekseevich Gagarin

ガガーリン †

  • 1934〜1968
  • ソ連の軍人・宇宙飛行士。1961年4月12日、衛星船ボストーク一号で地球を一周。人類初の宇宙飛行に成功し、「地球は青い」と伝えてきた。

ソ連の宇宙飛行士。1961年4月12日,ボストーク1号で史上初めて宇宙飛行に成功。1時間48分で地球を1周し,「地球は青かった」と宇宙から見た地球の感想を述べた。27歳でソ連の国民的英雄となった。父は集団農場の大工。サラドの中等技術専門学校,航空クラブを経てオレンブルグの航空士官学校を優秀な成績で卒業(1957)。57年11月I.ワレンチナと結婚。宇宙飛行後,国際親善使節として世界を回り,62年5月に来日。宇宙飛行士隊の隊長などをつとめ空軍大佐に進級したが,ジェット機で訓練中,事故が生じ,モスクワ近郊ウラディミル州の村に墜落,34歳の若さで他界した。→2-706 宇宙探査

1961年4月12日,宇宙船ボストーク1号に乗り,人類最初の宇宙飛行を行ったソ連の宇宙飛行士。宇宙船はバイコヌール基地から A 型ロケットにより打ち上げられ,地球を1周,1時間48分間の軌道飛行の後,ソ連領内エンゲルス市付近のコルホーズ農場にパラシュート帰還した。このとき,彼の発した〈地球は青かった〉は,その後の有人宇宙飛行時代の開幕を告げるものとして有名である。ロシア連邦共和国グジャーツク(1968年ガガーリンと改称)に4人兄弟の次男として生まれ,1957年オレンブルグ航空士官学校を卒業した。初の宇宙飛行を27歳という若さで成し遂げた彼は,68年3月ジェット機訓練中の事故により死亡した。1962年に来日している。






2007-03-10 (土) 21:31:18 (3812d)