クラウゼヴィッツ

「クラウゼヴィッツ」についてのメモ。クラウゼヴィッツとは…
HOME > クラウゼヴィッツ

Karl von Clausewitz クラウゼビッツ/クラウゼヴィッツ

クラウゼヴィッツ †

  • 1780年-1831年。
  • プロイセンの軍人。
  • ヘーゲル哲学の影響を受け、「現代における戦争」に勝利する法則を編み出そうとした。
  • 主著「戦争論」は近代戦争に関する理論の古典的名著とされ、エンゲルスレーニンら革命家に影響を与えた。

クラウゼヴィッツ『戦争論』(Vom Kriege) †

「戦争は政治におけるとは異なる手段をもってする政治の継続にほかならない」

  • 「戦争」の定義
    • 「一種の強力行為であり、その旨とするところは相手に我が方の意志を強要するにある」

『戦争論』






2007-03-10 (土) 21:31:31 (5381d)