コーポラティズム

「コーポラティズム」についてのメモ。コーポラティズムとは…
HOME > コーポラティズム

corporatism コーポラティズム/政労使協調主義

コーポラティズム †

  • 社会の諸階層・諸個人の利害を職業団体や企業、労働組合、さらにその連合体などによって集約・調整する政治経済体制のこと。
  • スウェーデンやオーストリアなどのヨーロッパ小国に見られる,労使協調型政治経済システム。ネオ・コーポラティズム,民主的コーポラティズム,社会民主主義約コーポラティズムとも呼はれる。

コーポラティズムの定義は,数多くなされているが,おおよその特徴をいえば,経営者側と労働者側とがそれぞれ単一もしくは少数の頂上組織をもち,労使の頂上団体が賃金や物価上昇率などについ

権威主義的コーポラティズム †

 個人と結社の自由を否定して、強制的な職業組織とその連合体によって組織しようとした。イタリアのファシズム期に見られた。






2007-03-10 (土) 21:31:56 (3729d)