コミューター航空

「コミューター航空」についてのメモ。コミューター航空とは…
HOME > コミューター航空

commuter airline

コミューター航空 †

  • 地方都市間などの短距離を数十人乗りの小型航空機により定期的に運航する航空輸送サービス。

近距離区間の航空輸送のことで、比較的小型の航空機を使用して50キロメートルから250キロメートル以下の短い路線を定期的に運航する航空輸送事業。エア・コミューターともよぶ。コミューター(commuter)は定期乗車券使用者の意味。幹線航空輸送に対して地域航空輸送あるいは小型地域間航空とよばれる。第2次大戦後、アメリカで4〜6人乗りの空のタクシーから発達。アメリカでは同一路線に毎週5往復以上運航する近距離航空企業をコミューター航空と規定している。日本では、この事業を2地点間航空とよんでおり、座席数が19以下しか許可されていなかったが、規制緩和策のひとつとしてアメリカ並みの60席まで拡大が可能となった。現在、都市間は日本エアコミューター(JAC、36席)、ジェイエア(19席)、名古屋を拠点とした中日本エアラインサービス(56席)の計3社が約25路線を運航している。わが国の第1号は、1983(昭和58)年に奄美大島を中心に4路線の運航を開始した日本エアコミューター。






2007-03-10 (土) 21:32:00 (3701d)