シェリング

「シェリング」についてのメモ。シェリングとは…
HOME > シェリング

Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling

シェリング †

1775〜1854

  • ドイツの哲学者
    神秘的直観を重視し、合理主義哲学の限界を批判、絶対者において自然と自我とが合一すると説く同一哲学を主唱。

自我と自然を包括する絶対者というロマン派的理念のもと、同一哲学を構築して、芸術に重要な位置を与える。後期には、理性の限界を示し、存在すること自体の根拠を問う積極哲学を構想して実存哲学を先取りした。

主著「超越論的観念論の体系」、「人間的自由の本質」など。






2007-03-10 (土) 21:32:15 (4236d)