ショップ制

「ショップ制」についてのメモ。ショップ制とは…
HOME > ショップ制

ショップ制 †

ショップ制とは,使用者と労働組合加入者(組合員)の間の基本的関係を定めた協約のことで,労働協約で明示される。非組合員が労働協約で定められた条件よりも低い条件で労働すると,組合員の地位や団結が阻害される恐れがあるので、それを防止するためにショップ制を採用している。その条件は,使用者が労働者を雇用あるいは解雇するときの条件に関係していると考えればよい。

オープン=ショップ制
組合への加入・脱退・未加入は労働者の自由とする制度。労働条件には組合員・非組合員の区別はない。

ユニオン=ショップ制
使用者は非組合員を雇用することができるが,一定期間内に組合に加入しなければならない制度。組合からの脱退は解雇。

クローズド=ショップ制
使用者は組合員から労働者を雇用しなければならないという制度。組合からの脱退は解雇となる。日本においてこの制度は採用されていない。






2007-03-10 (土) 21:32:20 (3728d)