ジロンド派

「ジロンド派」についてのメモ。ジロンド派とは…
HOME > ジロンド派

(フランス)Girondins ジロンド党

ジロンド派 †

フランス革命期の立法議会・国民公会における党派。指導者のうち三人がジロンド県出身の議員であったことから。商工業ブルジョアジーを代表する穏健な共和主義派で、ジャコバン派と対立。

一時は多数を占めたが、1793年、国民公会から追放された。
フランス革命の立法議会と国民公会の党派。この名称はジロンド県選出議員の多かったことによる。また,指導者J.ブリッソーの名を取ってブリッソー派とも呼ばれる。おもなメンバーはM.ガデー,A.ジャンソネ,P.ベルニョ,M.コンドルセらで立法議会の左翼に位置し,ジャコバン・クラブ(ジャコバン派)やロラン夫人のサロンで会合した。1791年末ジロンド派は対オーストリア戦争に賛成したが,戦争はジロンド派が予期したようには進行せず,彼らが組織した92年6月20日のデモも不成功に終った。以後ジロンド派の勢力は後退しはじめ,8月10日の王権停止の蜂起は彼らの介入なしに遂行された。このようなジロンド派と民衆(→サン=キュロット)との断層は同年の九月虐殺(第1次恐怖政治)によって激化し,国民公会における山岳派との対立に発展していった。両者の争いは国王ルイ16世処刑問題で激しさを加え,また93年春の戦線での敗北はジロンド派に対する信用を失墜させ,祖国と革命の防衛者としての資格を失ったジロンド派は,この年の6月追放され,山岳派の独裁が始った。






2007-03-10 (土) 21:32:26 (4660d)