スポイルズ・システム

「スポイルズ・システム」についてのメモ。スポイルズ・システムとは…
HOME > スポイルズ・システム

spoils system スポイルズシステム

スポイルズ・システム  †

  • 選挙に勝った政党が、自党の党員や支持者を公職に任用する政治慣習。行政に民意を反映させるために、英・米で行われたが、政治的腐敗を招いた。情実任用制、猟官制などと訳される。
  • メリット・システムに対し、アメリカなどで伝統的に行なわれているのが、スポイルズ・システム。情実任用制と猟官制などと悪いニュアンスの訳語があてられている。
  • 官職はできるだけ選挙によるべきであり、直接に選挙によらない場合でも、選挙で勝利をおさめた政党や政治家が指名するのがよいという考えによるもの。選挙で示された多数の意思にそって公務員の人事が行なわれるので、民主的だと主張されている。また、特権的、閉鎖的官吏団の形成を防ぎうるごとも利点とされている。ジャクソン大統領によって大規模に採用されました。
  • しかし、これが過度に濫用された結果、アメリカでは、政治的腐敗や非能率的な行政事務運営が生じることとなり、強い批判にさらされた。
  • 特に、行政機能の増大した今日では、行政の停滞は許されないので、アメリカでも資格任用制への移行が進んできた。
  • スポイルズ・システムの範囲は、アメリカでは依然として広いものの、一般的には狭く限定され、資格任用制の範囲が拡大されてきている。





2007-03-10 (土) 21:32:36 (4212d)