スミス

「スミス」についてのメモ。スミスとは…
HOME > スミス

Adam Smith

アダム・スミス †

  • 1723年〜1790年
  • イギリスの経済学者。古典派経済学の創始者。スコットランドの生まれ。
  • 著書「道徳情操論」で経済人の利己的な行為が「神の見えざる手」に導かれて自ら企図せざる結果を生むとした。また「国富論」で富の本質は日常的消費物資にあり、その源泉は労働にあるとして、それを保証する近代的所有権の確立が必要であることを主張、産業革命の理論的基礎を与えた。

主著「国富論」は経済学を初めて科学的に体系づけた大著で、重商主義を批判して自由放任主義の経済を説き、経済学の原典となった。

マルサス,リカードと並んで古典派経済学の祖であるアダム・スミスは,経済学者である以前に、道徳哲学者として有名。

  1. 神の見えざる手
    • 人間は自らの利己心に従って行動するが,第三者の共感を得られるように行為することによって,自然に調和的な秩序が形成される。このような秩序形成作用を神の見えざる手とよんだ。スミスは他者との共感を重要する道徳哲学者(『道徳情操論』)であったが,神の見えざる手とは,現代経済学でいう市場法則にあたり,道徳哲学の延長上に構想された「神の見えざる手」(秩序)の考察が,高度な経済学を生み出した。
  2. 自由放任主義
    • 国家が市場に介入することなく,個人の自由な経済活動を積極的に擁護する立場を自由主義という。自由放任主義(レッセ・フェール)とは,この立場をあらわす言葉である。スミスはとくに労働価値説を展開することによって,絶対王政と結びついた重商主義を批判した。夜警国家思想や立法国家・消極国家などの概念は,その政治学的表現である。
  3. 主著
    • 『諸国民の富(国富論)』(1776年)
      • 富の源泉を労働に求め,重商主義批判を展開





2007-03-10 (土) 21:32:37 (3792d)