スミソニアン体制

「スミソニアン体制」についてのメモ。スミソニアン体制とは…
HOME > スミソニアン体制

Smithsonian system

スミソニアン体制 †

 71年8月に米国が米ドルの金との交換性を停止したことによってブレトンウッズ体制は崩壊したが,その後,交換性のない米ドルを中心とした国際通貨体制]の構築が試みられ,同年12月にワシントンのスミソニアン博物館で開かれた10カ国蔵相会議で新体制について合意(スミソニアン合意)がみられた。これをスミソニアン体制と呼ぶ。

 ブレトンウッズ体制の下では為替相場の変動幅は平価の上下各1%であったが,スミソニアン体制では変動幅は中心相場の上下各2.25%に拡大された。同時に,ドルの切り下げ(金価格の引き上げ)と各国通貨の調整(ドルに対する切り上げ)が実施された。円も16.88%切り上げられ,1ドル=308円となった。

 しかし,その後もドルに対する信認は容易に回復せず,73年2月には日本が変動相場制に移行し,3月にはEC諸国も変動相場制に移行,スミソニアン体制は完全に崩壊した。






2007-03-10 (土) 21:32:37 (4180d)