チベット仏教

「チベット仏教」についてのメモ。チベット仏教とは…
HOME > チベット仏教

チベット仏教 †

チベットを中心に成立した仏教。

七世紀以来インドから伝わった大乗仏教がチベットの民間信仰と融合してできたもので、密教的色彩が濃い。一五世紀に黄帽派(革新派)と紅帽派(保守派)に分裂。ラマを特に尊崇し、ダライ-ラマ・パンチェン-ラマは活仏(かつぶつ)として崇拝される。モンゴル・中国北部・シベリアなどへも伝播。

七世紀、吐蕃(とばん)王国時代にインドから伝わり、チベットを中心に発展した大乗仏教の一派。後期インド仏教の教理と密教を継承。一五世紀にゲルク(徳行)派がおこり改革。黄帽派といわれ、以後主流となり、ダライ=ラマはその教主。ほかに、非改革のニンマ(古)派など諸派がある。一三世紀以降、モンゴル・シベリア、シッキムを含むヒマラヤ地域に広まった。

俗称「ラマ教」。






2007-03-10 (土) 21:32:52 (4705d)