ツンフト

「ツンフト」についてのメモ。ツンフトとは…
HOME > ツンフト

(ドイツ) Zunft

ツンフト †

  • ギルドの形態の一。
  • ドイツで、12、13世紀ごろから結成されはじめた独占的、排他的な手工業者の同職組合。
  • 手工業の同職仲間が、商人ギルドに対抗して結成した手工業ギルド。同職組合。

中世末期から近代初期におけるドイツ手工業者のギルド(同業組合)組織。12世紀前半,同業者の自主的仲間団体として発生し,ツンフト強制(一定の同業組合に加入しないものに対する営業権の拒否)や,特定の商品の生産,販売などについての規定を設けたが,その正規の成員(親方)になるためには,一定期間,徒弟として親方のもとで修業し,年季を終えて若干年,雇い職人として働き,親方製作に合格しなければならなかった。13世紀中頃から,各都市でツンフト闘争を展開し,都市行政に参加した。しかし一方では,ツンフト固有の自主性が次第に失われ,またツンフトのもつ閉鎖性が,生産力の自由な発展を妨げるものとなった。→5-708 ギルド






2007-03-10 (土) 21:32:55 (3668d)