ティトマス

「ティトマス」についてのメモ。ティトマスとは…
HOME > ティトマス

Richard Morris Titmuss

ティトマス †

1907‐73

関連項目イギリスの社会政策学者。
ウェールズのベッドフォードシャー生れ。
15歳で学校を終えたあと実業界で働き,1942年から49年まで内閣で歴史家として勤務した。第2次大戦後に急速に頭角を現し,50年に T. H. マーシャルの後を継いで,ロンドン大学社会科学部の主任教授となり,ソーシャル・アドミニストレーション(社会行政学あるいは福祉政策学と訳される)の研究分野で多大の業績を挙げた。

政治的には労働党に属し,労働党の政策立案にも貢献するとともに,イギリス本土はもちろん,海外の多くの国々,たとえばモーリシャス,タンザニアなどの社会政策の策定に直接かかわりをもったほか,他の国々の社会保障,保健・福祉の研究や政策形成に大きな影響を与えた。

著書
『福祉国家の理想と現実》(1958)
《社会福祉と社会保障――新しい福祉を求めて》(1968)

死後,遺族によってまとめられた遺稿《社会政策》(1974) 






2007-03-10 (土) 21:32:56 (5335d)