テイクオフ

「テイクオフ」についてのメモ。テイクオフとは…
HOME > テイクオフ

テイクオフ †

  • アメリカの経済学者W. W.ロストウがその著書『経済成長の諸段階』のなかで展開した経済発展段階説のなかの一段階で,「離陸期」と訳される。
  • ロストウはすべての社会がたどる経済的発展段階を,
    1. 伝統的社会,
    2. 離陸のための先行条件期,
    3. 離陸期
    4. 成熟への前進期
    5. 高度大衆消費時代
  • の五段階に分けて考察し,離陸期では政治,経済,社会の急速な構造的変化が生じ,低開発状態からの脱出が行われると考え,この離陸期の段階にある国としてアルゼンチン,ブラジル,チリ,コロンビア,フィリピン,ベネズエラ,インド,中国などをあげた。
  • ここから一般に発展途上国の自立的経済成長の時期をテイク・オフというようになった。
  • しかし政治的,経済的,社会的な構造を質的にまったく異にする諸社会の発展を,生産性上昇という量的変化に帰着させ,あらゆる諸社会がいずれこの五段階を通過するというロストウの説は,A. G.フランクやS.アミンなどの第三世界出身の理論家によって「発展を段階的に把握する視点は中心部の形成過程についてはほぼ妥当するとしても,周辺部のそれについては妥当しない」と批判されている。





2008-05-25 (日) 18:14:49 (3372d)