テイラー主義

「テイラー主義」についてのメモ。テイラー主義とは…
HOME > テイラー主義

テイラー主義 †

テイラーリズム

課業管理をその本質とするテイラー・システムまたは科学的管理法を導入することによって,生産現場の労働の能率が著しく向上し,雇い主には低い労務費負担を,労働者には高い賃金支払を同時に実現することができるとする思想で,テイラー(F.W.Taylor)によって提唱された。

課業管理

課業を基準とした管理。経験と主観を排除し,時間研究と動作研究を中核とした作業の科学によって科学的に課業を設定し,それによって経営管理者が作業を管理することを実現した。科学的管理法の具体的内容をなす。

テイラー・システム

テイラー(F.W.Taylor)が提唱した工場管理の制度。課業の科学的な設定と,それを実施するための,差別的出来高給制度,計画部門の設置,機能的職長制度,指導票制度などの個別の運営制度からなる。その本質は課業管理にあるとされている

科学的管理

scientific management
テイラー(F.W.Taylor)の提唱した経営管理の方式で,科学的管理法とも,テイラー・システムともいう。工場労働者が行う現場作業を管理する際に,単純出来高払のような賃金刺激策以外にこれといった有効な管理方法がなかった従来の成行き的な管理法に対して,時間研究に基づく課業の設定のような科学的で客観的な管理法を開発したことからこう呼ばれる。その内容は課業管理である。






2007-03-10 (土) 21:32:57 (4272d)