ディスクロージャー

「ディスクロージャー」についてのメモ。ディスクロージャーとは…
HOME > ディスクロージャー

disclosure 企業内容開示。

ディスクロージャー †

  • 企業が株主・債権者などの投資者や取引先を保護するために、経営成績・財政状態・業務状況などの内容を公開すること。

株式などの有価証券を発行している企業が投資家に対して情報を開示することである。投資家は有価証券投資を自己責任の原則において行っている。そのためには投資判断に十分な情報が必要である。金融システム改革法では、有価証券届け出書や有価証券報告書の記載事項を当該会社および子会社等で構成される企業集団の連結ベースで行うことに改正された。そのほか、公開買付制度、大量保有報告制度、構成取引ルールの整備が行われた。1998(平成10)年には株価に影響をあたえるような業績の変化や事件の発生の場合、適時開示が求められるようになった。アメリカでは、機関投資家と個人投資家の間での情報格差が大きいことが問題視され、FD(Fair disclosure)法が制定された。

狭義には,主として投資家保護の立場から企業の内容を一般に公開すること。その際,じん速,公平,正確さの3原則を同時に満たすことが求められる。ディスクロージャー制度の大枠は証券取引法,商法が定めているが,証券取引所や,大蔵省,公認会計士,証券会社,報道機関などの動きも上場会社のディスクロージャーを促進させている。わが国では欧米に比べ3原則とも見劣りが避けられず,個人投資家保護のため,いっそうの改善が望まれている。






2007-03-10 (土) 21:33:00 (4658d)