デカルト

「デカルト」についてのメモ。デカルトとは…
HOME > デカルト

デカルト【Ren Descartes】

デカルト †

1596-1650。フランスの哲学者・数学者・自然学者。近世哲学の父とされる。

機械論的自然学の体系化、幾何学と代数学の総合に努め、それらの基礎づけとしてスコラ哲学にかわる新しい形而上学を構想。
方法的懐疑をくぐり抜けてコギト-エルゴ-スムの発見に至った。純粋知性たる人間の精神は延長体としての全宇宙を数学的に把握できるとし、徹底した物心二元論の哲学を展開した。

方法的懐疑によってすべてを疑うが、疑っている自己の存在を真理と認め、「我思う、故に我あり」の命題によって哲学の第一原理を確立。さらに、この思惟する実体と延長を本質とする物体を、相互に独立とする物心二元論を展開した。

  • また、解析幾何学の創始者でもある。
  • 著「方法序説」「省察」「哲学原理」など。





2007-03-10 (土) 21:33:01 (3880d)