Warning: file() [function.file]: Unable to access cache/entities.dat in /virtual/skeptic/public_html/note.masm.jp/lib/init.php on line 414

Warning: file(cache/entities.dat) [function.file]: failed to open stream: No such file or directory in /virtual/skeptic/public_html/note.masm.jp/lib/init.php on line 414

Warning: join() [function.join]: Invalid arguments passed in /virtual/skeptic/public_html/note.masm.jp/lib/init.php on line 414
デモクラシー

デモクラシー

「デモクラシー」の個人的な勉強メモ。
HOME > デモクラシー

democracy 民主主義

デモクラシー †

  • 民主主義
  • 民主とは君主の対概念として人民(ないしは国民)が主権(支配の正統性および実際の政治権力の双方を含む)をもち、為政者と人民が同じ(治者と被治者の自同性)であるとする政治的な立場・原則。
  • 転じて、個人の人権(自由・平等・参政権など)を重んじながら、多数で物事を決める原則を民主主義と呼ぶ場合もある。
    • 単純な多数決と混同されることが多いが、多数決が単に多数であることに正当性の根拠を求めるのに対し、民主主義は最終的には多数決によるとしても、その意思決定の前提として多様な意見を持つ者同士の譲り合いをも含む理性的対話が求められる点で区別される。

「ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動しなかった。次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから何も行動しなかった。それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、自分はそのたびにいつも不安をましたが、それでもなお行動にでることはなかった。それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であった。だからたって行動にでたが、そのときはすでにおそかった。」 ―マルチン・ニーメラー

民主主義の起源 †

古代ギリシャの都市国家(ポリス)にあるとされ、古典ギリシャ語のデモス(demos、人民)とクラティア(kratia、権力・支配)をあわせたデモクラティア(democratia)がデモクラシーの語源である。しかし古代ギリシャの民主主義は各ポリスに限定された「自由市民」にのみ参政権を認めただけのものであった。例えば女性や奴隷は自由市民とは認められず、またギリシャ人であっても他のポリスからの移住者には市民権が与えられることは少なかった。






2007-03-10 (土) 21:33:03 (2602d)