ドイツ統一

「ドイツ統一」についてのメモ。ドイツ統一とは…
HOME > ドイツ統一

ドイツ統一:世界史 †

  • ドイツ統一をめぐり大ドイツ主義と小ドイツ主義が対立していた。
  • 大ドイツ主義

19世紀、オーストリアを中心にドイツを統一しようとした運動。普墺(ふおう)戦争の結果、プロイセン中心の小ドイツ主義に敗れた。

19世紀、オーストリアを主体として、ほぼ旧神聖ローマ帝国の全領域を統合するドイツを建設しようとする立場。プロイセンを中心に統一をはかろうとする小ドイツ主義に対する。
オーストリア中心の統一方法の主張を大ドイツ主義

  • 小ドイツ主義
    オーストリアを除いたプロシア中心の統一方法の主張を小ドイツ主義

19世紀中ごろ、プロイセンを中心にドイツの政治的統一を図ろうとした立場。オーストリアを中心に置こうとする大ドイツ主義と対立、普墺戦争を経てドイツ帝国の成立により実現した。
プロイセンを中心としオーストリアを除いてドイツ統一を達成しようとする運動。一九世紀中頃より強まりビスマルクの鉄血政策で実現した。

プロシアが台頭。
プロシアはウィーン会議でラインラントの工業地帯を獲得して産業が発達した結果、流通を阻害する国内の関税の廃止を断行し、1834年には、オーストリアを除く18領邦によるドイツ関税同盟を成立させてドイツの経済統一を果たしていた。こうして資本主義の発達を背景としてドイツの経済的盟主となったプロシアが、オーストリアをしいのでドイツ統一の主導権をとった。1861年ウィルヘルム1世が即位するとビスマルクを首相に登用し、軍備拡張の鉄血政策を推進しドイツ統一の障害であったオーストリア、フランスと戦う準備をした。1866年には、デンマーク戦争で獲得したシュレスヴィヒ・ホルシュタインの領有を巡る普墺戦争でオーストリアを撃破し、ドイツ連邦を解体して北ドイツ連邦を結成する。1870年に、スペイン王位継承にからんでエムス電報改作(エムス電報事件)を行い、ナポレオン3世を挑発して普仏戦争を起こさせ、フランス第二帝政を崩壊させた。こうして障害を取り除いたプロシアは、1871年ヴェルサイユ宮殿でドイツ帝国の成立を宣言し、ドイツの統一を実現。

関税同盟
プロシアを中心にしてドイツ領邦間に締結された統一的関税機構。ドイツの経済学者F.リストの影響が大きい。プロシアはウィーン会議でラインラントの工業地帯を獲得して産業が発達した結果、流通を阻害する国内の関税の廃止を断行し、1834年には、オーストリアを除く18領邦によるドイツ関税同盟を成立させてドイツの経済的統一を果たした。

鉄血政策
プロシア首相ビスマルクが推進した軍備拡張政策。鉄は武器、血は兵士を指す。ビスマルクを鉄血宰相と呼んだ。

東西ドイツ統一 †

  • ベルリンの壁崩壊」後,1990年3月東ドイツの初の自由・秘密選挙が行われ,西ドイツ基本法第23条に基づく<併合式>統一を公約した東ドイツ・キリスト教民主同盟(CDU)を中心とするドイツ連合が圧勝した。
    同年5月通称第1次両独国家条約が締結されて,
    7月より西ドイツ通貨が東ドイツ地域に導入された。
    同年8月の第2次国家条約で,同年10月に正式に西ドイツへの東ドイツ編入が行われた。





2007-03-10 (土) 21:33:19 (3757d)