ドルペッグ制

「ドルペッグ制」についてのメモ。ドルペッグ制とは…
HOME > ドルペッグ制

ドル・ペッグ制 †

  • 米国ドルとの自国通貨の交換レートを一定に保ち、事実上ドルに連動させる通貨制度。
  • 香港ドルの交換レートがほぼ1ドル=7.8香港ドルに維持されているのが典型例である。為替変動幅をごく狭い幅におさえることによって、また通貨バスケット制度により、アジアではドル・ペッグ制をとる国が多かったが、1997年のアジア通貨危機発生で、いずれも変動相場制度への移行を余儀なくされた。しかし香港ドルのペッグ制は、香港当局の強い姿勢で維持された。
  • 南米でもブラジル、アルゼンチンがドル・ペッグ制をとっていたが、ブラジルは99年1月の通貨危機で変動相場制へ移行。アルゼンチンは「完全ドル化」の検討を表明している。

ドルペッグ

 ペッグは「くぎ」の意味で、自国通貨の為替レートを一定の値でドルに固定する制度。円のように対ドル相場が変動しないので、対米貿易の採算を安定化できるメリットがある。原油価格がドル建てのため、UAEやサウジアラビアなどの産油国も採用している。為替市場に介入して、対ドルレートを基準から小幅な範囲に収める制度も事実上のドルペッグで、中国やベトナムがこれにあたる。固定相場維持には、国内景気が過熱していても、米国が利下げすると同調する必要があり、インフレを招きやすいなどのデメリットもある。

毎日新聞 2008年7月31日 東京朝刊






2008-07-31 (木) 11:32:52 (4071d)