ニッチ

「ニッチ」についてのメモ。ニッチとは…
HOME > ニッチ

ニッチ †

建築用語。装飾のために厚い壁面をえぐって造られたくぼみ台。壁龕(へきがん)ともいう。中近東,ヨーロッパ建築に古くから用いられた。通常台部平面は半円形,上部は半ドーム形をなすものが多く,一般に床からある程度高い位置に造られる。台部に花器,彫像などを置いて飾るが,この部分が装飾的泉水などになったものもある。また壁面を実際にくぼませず,トロンプ・ルイユで描き込んだものもみられる。

転じて、隙間産業。

 ニッチとは、壁に設けられた窪み。ふつうは半円形に壁がえぐられ、彫像などが収められる。そこから隙間産業という意味で使われる。

ニッチ産業。

建築用語。装飾のために厚い壁面をえぐって造られたくぼみ台。壁龕(へきがん)ともいう。中近東,ヨーロッパ建築に古くから用いられた。通常台部平面は半円形,上部は半ドーム形をなすものが多く,一般に床からある程度高い位置に造られる。台部に花器,彫像などを置いて飾るが,この部分が装飾的泉水などになったものもある。また壁面を実際にくぼませず,トロンプ・ルイユで描き込んだものもみられる。

ニッチ戦略(niche strategy)〔経営問題用語〕
ニッチとは「すき間」の意味で、すき間戦略ともいう。市場全体をターゲットにせず、他企業と競争しないような市場内適所を見つけ、そこに経営資源を集中投下する戦略のこと。宅配便事業は典型的な成功例。






2007-03-10 (土) 21:33:30 (3908d)