ネオポピュリズム

「ネオポピュリズム」についてのメモ。ネオポピュリズムとは…
HOME > ネオポピュリズム

Neo-populism

ネオ・ポピュリズム(新民衆主義) †

  • 1980年代の債務危機を経て国家主導の開発体制の破綻にともない、古典的ポピュリズムも姿を消す。しかし1990年代の財政規律や民営化など新自由主義政策を推し進める政権でも、社会・所得格差の大きな中南米において、指導者が民衆層を動員する政治スタイルから免れない場合が多い。むしろ民衆層に政治支持を見出し、また財政健全化による資金を基礎に、貧困層を対象とした社会政策を通じて民衆層と直接的関係を強化しようとする動きがみられる。
  • メキシコのサリナス、アルゼンチンのメネム、ペルーのフジモリなどが代表例。またベネズエラのチャベスなど市場経済化に反発して民衆の不満を動員する動きもある。
  • いずれも、社会経済から排除されてきた民衆層の参加を促すという点で評価できる面をもつが、行政優位で三権の均衡など民主制度をくずす権威主義への危険性をともなう危うさがある。





2008-07-23 (水) 16:19:57 (3468d)