ノーベル経済学賞2005

「ノーベル経済学賞2005」についてのメモ。ノーベル経済学賞2005とは…
HOME > ノーベル経済学賞2005

ノーベル経済学賞2005 †

ノーベル経済学賞にゲーム理論のシェリング、オーマン両氏
 スウェーデン王立科学アカデミーは10日、2005年のノーベル経済学賞を米国人のトーマス・シェリング・メリーランド大教授(84)と米・イスラエル国籍のロバート・オーマン・ヘブライ大教授(75)に授与すると発表した。両氏とも理論経済学の大家として知られ、「ゲーム理論」の発展・応用に貢献した業績が評価された。

 ゲーム理論は、相手の戦略を想定し、それに対して自分がどういう戦略を採用した場合に、利得が1番大きくなるのかを割り出す。

 シェリング氏は1960年の著書「対立の戦略」の中で、国際紛争にあたっては、実際に報復に踏み切るよりも、「脅し」をちらつかせ続けるほうが相手側に対して最終的に優位に立てるとの分析を示し、冷戦下で武力行使を回避する学術的な説明となった。その後はゲーム理論を国家間紛争にとどまらず、現代の企業間競争にも応用した。オーマン氏はゲーム理論を元に、戦争や貿易などの紛争に際して当事者による相互理解を通じた共通認識の醸成による紛争回避が、結果的に双方の利益になることを数学的に証明した。






2007-03-10 (土) 21:33:39 (5552d)