ヒトラー

「ヒトラー」についてのメモ。ヒトラーとは…
HOME > ヒトラー

Adolf Hitler ヒットラー

ヒトラー †

1889-1945

ドイツの政治家。ナチス党首。オーストリアのブラウナウに税関事務官の息子として生まれる。

1919年、ドイツ労働者党に入党、これをナチスと改称し、1921年に党首となる。

 1923年にミュンヘン一揆に失敗。それ以後、ワイマール共和制打倒・ベルサイユ条約打破・反ユダヤ主義を主張、議会制民主主義の制度的枠組に沿って党勢を拡大していき、1933年首相に就任。首相に就任されるや、ワイマール憲法にもとづく緊急命令の発動や授権法の制定によって、権力基盤を固める。

 翌年大統領を兼ねて総統となり、軍備を拡張し対外侵略を強行。1939年第二次大戦を起こすが、ベルリン陥落直前の1945年4月30日にピストル自殺した。

思想 †

ヒトラーの思想は『わが闘争』のなかに見出される。アーリア人種が文化創造の主体であるという生物学主義的な人種理論を唱える一方で、民主主義、議会主義、マルクス主義、拝金主義などがユダヤ人の世界支配の陰謀にもとづくという反ユダヤ主義を主張して、「民族共同体」を人種的生存の核として位置付けた。






2007-03-10 (土) 21:34:04 (3793d)