ビザンツ帝国

「ビザンツ帝国」についてのメモ。ビザンツ帝国とは…
HOME > ビザンツ帝国

ビザンツ帝国 †

東ローマ帝国

395 年、東西に分裂したローマ帝国のうち、コンスタンチノープルに都をおいた東方の帝国。

古代文化を継承し、六世紀を頂点に独自のビザンツ文化を生み、ギリシャ正教を東欧に広めたが、しだいに衰退し、1453年オスマン帝国に滅ぼされた。

ビザンツ帝国(東ローマ帝国)の意義

ヨーロッパが中世時代であった約1000年間、ビザンツ帝国はベルシア、イスラムなどの西南アジア勢力の侵入に耐え、西欧世界の防波堤としての役割を果たした。文化の上では、ギリシア・ローマの古典古代文化やオリエント文化が保存され、ルネサンスを準備する役割を果たした。






2007-03-10 (土) 21:34:06 (4148d)