ビスマルク

「ビスマルク」についてのメモ。ビスマルクとは…
HOME > ビスマルク

Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck

ビスマルク †

  • 軍備拡張を強行し、普墺(ふおう)・普仏戦争に勝利を得、1871年ドイツを統一し帝国初代宰相となる。
  • 内政では保護関税政策をとって産業を育成し、社会主義運動を弾圧する一方で社会政策を推進。社会保険制度を採り入れ「飴(あめ)と鞭(むち)」政策を遂行。
  • 対外的にはヨーロッパ外交の主導権を握り、フランスの孤立化に努めた。
  • 1890年、皇帝ウィルヘルム二世と衝突して辞任。

ビスマルク体制下のドイツ帝国の政治 †

  • 政治体制
    • 連邦参議院と帝国議会によるみせかけの立憲政治
  • 内政
  1. ユンカーと大資本家の為の保護関税政策
  2. カトリック教徒の弾圧→文化闘争
  3. 社会主義者の鎮圧
    • 社会主義鎮圧法で弾圧
    • 社会保障政策で懐柔
  • 外交
    • フランス孤立政策→三帝同盟、三国同盟、独露再保障条約でフランスを包囲





2007-03-10 (土) 21:34:06 (3851d)