ピグマリオン効果

「ピグマリオン効果」についてのメモ。ピグマリオン効果とは…
HOME > ピグマリオン効果

Pygmalion effect

ピグマリオン効果 †

  • 人は他人に対していろいろな期待をもっている。意識すると否とにかかわらずこの期待が成就されるように機能することをピグマリオン効果と名づけている。ピグマリオンという名前はギリシア神話から取ったものである。
    ローゼンソールら(Rosenthal, R. & Jacobson, L.1968)は,教師が児童・生徒に対してもっているいろいろな期待が,彼らの学習成績を左右することを実証した。「ハーヴァード大学式学習能力開花期テストは子どもの1年後の成績の伸びを予想できる」というメッセージを教師に与え,実際の成績とは別にランダムに子どもを割り当てて,その後の成績の伸長を検査した。すると,教師が期待をもった子どもは,8カ月後のテストの成績で高い向上を示していることがわかった。期待効果は,教師のその子どもに対する行動を意識しないうちに変化させていることも明らかになった。ちなみに,教師が高い期待をもつと,ヒントを与えたり,質問を言い換えたり,回答を待ったりする行動がみられた。

【噴水台】ピグマリオン
ギリシャ神話のキプロスの王、ピグマリオンには女性忌避症があった。 外貌に自信がなく、女性には欠点が多いという先入観を抱いていたからだ。 彼は俗世の女性を愛することはできないと考えた。 それで象牙で理想型を彫刻をつくることに没頭した。 愛を断念する代わりに、代理満足を追求したのである。

卓越した彫刻家だった彼が創造した女性像は美しかった。 それを彼はこの上なく大切にした。 毎日、彫像に花を捧げ、抱いて撫でた。 そうしているうちに望みが生じた。 彫刻が人間であってほしいという夢を見るようになったのだ。

彼は願い事をする祝祭日に美の女神アフロディテの神殿を訪れた。 そして彫刻像の女性を妻として迎えられるようにしてほしいと切実に祈った。 すると奇跡が起きた。 女性像が呼吸を始めたのだ。 彼はこの女性と結婚し、娘のバフォスが生まれた。 彼の女性観も変わった。

ここから「ピグマリオン効果」という言葉が出てきた。 夢と希望を持てば現実は変わるということだ。 19世紀の英国画家エドワード・バーン-ジョーンズはこの神話を絵に描いた。 英国のバーミンガム美術館には、彼の「ピグマリオン彫像」4部作が展示されている。 彼は絵を描く前、「人々が‘わあ’と感嘆する、ただその言葉しか出ない、そういう大作を残したい」と話したという。 多くの人々が彼の作品を驚嘆の目で鑑賞するのをみると、彼の望みもピグマリオンのように成就したということだ。






2007-03-10 (土) 21:34:09 (3846d)