ピュロニズム

「ピュロニズム」についてのメモ。ピュロニズムとは…
HOME > ピュロニズム

ピュロニズム †

  • ピュロンの懐疑説
  • あるいは懐疑論の別名.
  • ピュロンは事物の真の性質は認識不可能だと主張.判断中止(エポケー)によって心の平安(アタラクシア)が得られると説いた.

西洋古代における哲学の一派で3期に分けられる。(1)古懐疑派 プロタゴラスやゴルギアスの思想をふまえ,ピュロンが懐疑論を体系化。それゆえ懐疑論はピュロン主義とも呼ばれる。彼とその弟子ティモンは魂の平静を最高善とし,物の本性は不可知であり判断を差し控える(→エポケ)べきであるとした。(2)中期アカデメイア派 アルケシラオスはピュロンをこえて絶対的懐疑論を樹立,ストア派を独断論として論争を始めた。カルネアデスは蓋然性を主張して前者を修正した。(3)新懐疑派 アイネシデモスは折衷主義に堕した懐疑論をピュロン説に引戻し,エポケの10論拠を示した。アグリッパがその思想を継ぎ,アレクサンドリアに実証主義哲学の種子をまき,そこからセクストス・ホ・エンペイリコスが出て懐疑論の理論を集大成した。






2007-03-10 (土) 21:34:11 (4547d)