フィヒテ

「フィヒテ」についてのメモ。フィヒテとは…
HOME > フィヒテ

Johann Gottlieb Fichte

フィヒテ †

1762〜1814

  • ドイツの哲学者
    カント哲学から出発して物自体の考えを否定、自我の実践性を理論的認識にまで広げて基礎づけ、倫理的色彩の濃い思想体系を樹立。ナポレオン占領下のベルリンでの講演「ドイツ国民に告ぐ」は有名。

著「全知識学の基礎」など。

カント哲学を統一的体系として再構築。「事行」を根本原理とする知識学をうちたて、それをもとに独自の哲学的実践論を構想した。後期知識学では中心が自我から絶対者に移り、神秘性が濃くなる。ベルリン大学初代総長。






2007-03-10 (土) 21:34:18 (3875d)