フォイエルバッハ

「フォイエルバッハ」についてのメモ。フォイエルバッハとは…
HOME > フォイエルバッハ

疎外

ルートヴィヒ・フォイエルバッハ †

1804-1872。ドイツの唯物論哲学者。ヘーゲル学派の左派の一人。ヘーゲル哲学の神学的性格を批判し、唯物論の立場に立ち、自らの哲学を「人間学」と呼んだ。また、神の幻想からの解放を説き、宗教批判の書「キリスト教の本質」は、青年期のマルクス・エンゲルスらに大きな影響を与えた。

著「将来の哲学の根本命題」
「キリスト教の本質」
「神統記」など。

疎外






2007-03-10 (土) 21:34:24 (4518d)