フッサール

「フッサール」についてのメモ。フッサールとは…
HOME > フッサール

Edmund Husserl フッセル

フッサール †

1859-1938

ドイツの哲学者。現象学の創始者。

初めブレンターノの記述的心理学の立場から「算術の哲学」を著したが、のちにその心理主義の立場を自己批判して純粋論理学を構想し、やがて「現象学的還元」の方法を確立して一切の対象的意味を構成する超越論的主観性に立脚した構成的現象学を大成した。後期には意味の発生を解明する発生的現象学の立場に移行し、身体・地平・間主観性・生活世界などの独創的な分析を通じて、ハイデガー・サルトル・メルロ=ポンティらを筆頭とする現代哲学の展開に多大の影響を与えた。

著「論理学研究」「イデーン」「ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学」など。






2007-03-10 (土) 21:34:25 (4871d)