ブラックマンデー

「ブラックマンデー」についてのメモ。ブラックマンデーとは…
HOME > ブラックマンデー

Black Monday ブラックマンデー 暗黒の月曜日

ブラック・マンデー †

  • 1987年10月19日(月曜日)、ニューヨーク株式市場が大暴落し、翌日の東京株式市場も空前の暴落となった。
  • これに端を発して日本,欧州へ波及し,世界的な株価暴落が経験された。株価暴落の原因として,システム売買や派生証券取引などへの批判が取りざたされた。
  • 世界大恐慌の引きがねとなった大恐慌時の1929年10月24日(木曜日)の株価暴落が「ブラックサーズデー(暗黒の木曜日)」と呼ばれることにならって、これを「ブラックマンデー」と呼ぶ。
  • ダウ平均株価は幅にして508ドル,率にして22.6%下落。「ブラックサーズデー」の暴落を上回った。
  • 暴落の影響が大きかったため,大統領特別委員会(ブレイディ委員会)など多くの機関が原因とメカニズムの究明を行った。その結果,プログラム売買(機関投資家などがコンピューターを使って相場変動に応じて自動的に売買注文を作動させるもの)により売りが加速されるなどの問題点が明らかになり,連鎖的な暴落を防止するためのいわゆる「サーキット・ブレーカー」ルールがニューヨーク取引所に導入された。これはすなわち,主としてプログラム売買を制限しようとするルールで,例えばダウ平均が50ポイント以上動いたときにはプログラム売買(裁定取引を含む)が制限される。





2008-06-21 (土) 03:18:39 (3292d)