ブルデュー

「ブルデュー」についてのメモ。ブルデューとは…
HOME > ブルデュー

Pierre Bourdieu ピエール・ブルデュー プルデュー

ブルデュー †

  • 1930年-2002年
  • フランスの社会学者・思想家。ベアルン地方出身。
  • フランスの社会科学高等研究院の教授だったが、1981年からコレージュ・ド・フランスの社会学講座教授を兼任。
  • ヨーロッパ社会学センターを主宰して、社会調査と理論活動の双方にわたって共同研究を組織してきた。
  • 高等師範学絞在学中に哲学研究から出発し、実存主義構造主義をともに批判、自身はアルジェリアで民族学的なフィールドワークをするとともに文化的・社会的再生産をハビトゥス=プラチック理論として考察し、フランスについても教育をはじめとして社会の日常的営みの分析から現代世界を見通そうとしている。文化資本、社会資本などの新しい観念を操作することで、文化、経済、社会、政治の諸領域を分断せずに、それらの関連の仕組みを理論化を試みてた
  • 著「実践感覚」「ディスタンクシオン」など。
  • 「象徴権力論」は、現代の権力論に新たな地平を開いた。





2007-03-10 (土) 21:34:35 (3875d)