ブレトンウッズ体制

「ブレトンウッズ体制」についてのメモ。ブレトンウッズ体制とは…
HOME > ブレトンウッズ体制

Bretton Woods system ブレトン・ウッズ体制

ブレトンウッズ体制 †

  • 1944年にアメリカのブレトン・ウッズで連合国側が決定した通貨体制。
  • 1970年代前半、実質的に崩壊。

ブレトンウッズ体制 †

  • 各国の保護貿易,競争的為替相場切り下げなどの近隣窮乏化政策第二次世界大戦の遠因になったとの反省から,国際貿易の自由化と経済成長,雇用の促進を目的として形成され,IMF世界銀行GATTWTOの前身)をその軸とした,第2次大戦後の国際経済体制のこと。
  • 国際通貨の文脈では,固定相場制度を基礎とするIMF中心の国際通貨体制を指して使われることが多い。
  • 1944年7月,アメリカのニューハンプシヤー州ブレトン・ウッズにおいて調印されたIMF協定によって次のことが決められた。
    1. 各国は金または「1ドル=35分の1トロイ・オンスの金」と等しい価値を有するドルで表示された平価に基づく固定為替相場制を採用し,為替相場の変動を平価の上下各1%以内に抑えること。
    2. 平価は基礎的不均衡がある場合にしか変更が認められないこと。
  • この体制は,IMFが加盟国に短期的国際収支赤字のファイナンス資金を貸し出すこと,米国がドルを公定価格でいつでも金と交換することを約束することによって支えられていた
  • しかし、1971年にニクソン大統領がドルの金交換性を停止したため(ニクソン・ショック)、終わりを告げた。

「ブレトンウッズ体制」関連ページ? †






2008-11-16 (日) 15:29:14 (2778d)