プラトン

「プラトン」についてのメモ。プラトンとは…
HOME > プラトン

人物

プラトン †

前427-前347

古代ギリシャの哲学者。ソクラテスに師事し、遍歴ののち、アカデメイアを創設。知識・倫理・国家・宇宙にわたる諸問題を考察し、イデアことに善のイデアを探求し、学問的認識の方法としてディアレクティケー(弁証法)を唱えた。

著「ソクラテスの弁明」「パイドン」「饗宴」「国家」「テアイテトス」「ソピステス」「ティマイオス」「法律」のほか約三〇編の対話編など。

Platonism

プラトン主義 †

  1. プラトン哲学の思想。移ろい行く現実の根拠・原因として、真に存在するイデアを想定し、これを探求する理想主義。アリストテレス主義と並んで西洋哲学史上最も支配的な傾向の一。
  2. プラトン哲学を継承する、ないしはこれに類似の思想的立場。例えばアカデミー・アレクサンドリア学派・新プラトン学派・ルネサンスの諸アカデミー・ケンブリッジ-プラトン学派など。
  3. 現代哲学では、普遍・命題・数などを独立の対象とみなす立場。

中央日報 †

噴水台

 2400年前、プラトンが理想郷を夢見たのは、それほど現実が疲弊していたからだ。祖国アテネは、古代直接民主政治のピークだった「ペリクレス時代」をちょうど終えようとしていた。ペリクレスが病死し、衆愚政治と呼ばれる政治的混沌が訪れた。紀元前404年のペロポネソス戦争でスパルタに降伏した。5年後、師のソクラテスが愚かな謀略に毒杯を仰いだ。

 プラトンの名著「国家(Politeia)」は、こうした祖国の没落を見守りながら出した理想的代案(イデア)だ。 「ポリテイア」とは、「ポリス(Polis・ギリシャ都市国家)の理想的姿」という意味である。理想的モデルは哲人政治だ。プラトンは人間と都市国家を3つのグループに分類した。理性が優れた人間は統治階級の哲学者になり、意志が卓越した戦士は軍隊を構成し、欲情しかない一般人は生産階級にならなければならない。知恵が優れた子供は幼いころから別途の英才教育を受ける。最初は神話を学んで育ち、音楽と体育、そして数学と天文学を習う。その中で選抜された優秀グループが弁証論を学んで哲学を研究し、50歳を越えてから順番制で統治する。彼らは私利私欲に陥らないため財産と家族までも共有する。エリートは「選抜された者」だ。

 想像可能なエリート主義政治哲学の極限形態である。本来、人間は生まれながらにして資質が異なる。プラトンは劣等な者が支配する社会では、正義が具現されないと判断した。調和した社会、最大多数の幸福のためには、最も優れた者が統治してこそ適切である。実際にスパルタはエリート主義国家だった。病弱に生まれた子供は捨てられた。7歳から集団生活をして軍事教育を受け、還暦になるまで現役軍人として服務する。その少数精鋭エリート軍事集団がアテネを滅亡させた。

 プラトンが構想した理想国家は一度も存在していない。ユートピアだからといって空虚なことだけではない。エリート主義は数多くの非難にもかかわらず、2000年以上も西欧人らの思考を支配してきた軸だ。西欧先進国がエリート教育を重視してきた哲学的背景である。個々人が異なる資質と能力を持って生まれるしかない運命のため、プラトンの理想論は有効だ。重要なのは機会の均等である。






2007-03-10 (土) 21:34:40 (3908d)