ヘーゲル

「ヘーゲル」についてのメモ。ヘーゲルとは…
HOME > ヘーゲル

Georg Wilhelm Friedrich Hegel

ヘーゲル †

1770-1831。ドイツ観念論を代表する哲学者。自己を否定・外化した上でその否定をさらに否定して自己に還帰する絶対者の自己展開の過程(弁証法)を構想。論理・自然・精神の三部門からなる体系により近代市民社会の疎外的現実を思弁的に克服しようとした。全体性・普遍性を重視するその傾向は理性の狡智の思想などに現れ、反発も招いたが、青年期の著作には実存主義を先取りする着想もある。

著「精神現象学」「論理学」「エンチュクロペディー」「歴史哲学」など。

自然・歴史・精神の全世界を、矛盾を蔵しながら、常に運動・変化する、弁証法的発展の過程としてとらえた。また、欲望の体系としての市民社会概念を明らかにした。ドイツ観念論の完成者で、その弁証法は、マルクスにより唯物弁証法として批判的に継承された。






2007-03-10 (土) 21:34:46 (3727d)