ベーシックインカム

「ベーシックインカム」についてのメモ。ベーシックインカムとは…
HOME > ベーシックインカム

basic income ベーシック・インカム/基礎所得

ベーシック・インカム †

  • トニー・フィッツパトリック『自由と保障―ベーシック・インカム論争』…という好著が邦訳されている模様。
  • 福祉国家の再編の方向性
    • ワークフェア、アクティベーション(活性化)
      • 福祉と就労を強く連携させることを目指す。
    • ベーシックインカム(基礎所得)
      • 福祉政策と就労を徹底的に切り離すことで対応する。

ベーシックインカムとは? †

  • 年金、児童手当、失業手当てといった従来の社会保障を、所得水準のいかんを問わず、すべての市民に一律に保障される最低限所得保障によって置き換えようとするもの。
  • このように聞くと、寛容すぎて実現可能性が乏しいように思われるが、いくつかの経済効果も期待できる。
    1. 年金や失業手当の計算などにかかわる行政コストの大幅な削減。
    2. 職業訓練や生涯教育期間中の所得保障を提供し、労働市場の柔軟化を進めることが可能。
  • ベーシックインカムは、労働生産性が向上し、完全雇用が困難になった時代に、ある種のワークシェアリングを実現する制度として、注目を集めるようになった。
  • ヨーロッパではベーシックインカムを提唱する研究者・実務化の国際ネットワーク(ベーシックインカム欧州ネットワークBIEN)も活発な活動を展開中。









2007-03-10 (土) 21:34:49 (3703d)